ピンボール フラワーセレブレーション

書籍情報

尾瀬の語りべ

定価
1,200円
発行日
2022年12月10日
判型/頁
四六/182
著者
松浦 和男
ISBN
978-4-86352-324-1
内容

尾瀬と語らい、苦楽をともにした半生を振り返る
著者は中学2年の夏、一人で初めて馬を曳き戸倉から長蔵小屋へ向かった。それが尾瀬との関わりの始まりだった。それから馬方や歩荷、山小屋の番人として働き、山岳ガイドや遭難救助隊員としても活動した。かつては山菜採りや魚釣りが自由に楽しめ、尾瀬沼でボート遊びもできた。入山者が増え壊れていく環境、そして自然保護への転換、尾瀬の変遷とそこで生きた82年を語る。