漫才日本一を決める「M-1グランプリ」の決勝が24日に迫った。大舞台に3年連続で臨む「真空ジェシカ」(人力舎)はボケの川北茂澄(かわきた・しげと)さん(34)が群馬ゆかり。4年前の上毛新聞の取材に「M-1で完全優勝したい」と語っていた。「3度目の正直」で大願成就となるか、群馬からも熱い視線が注がれそうだ。

3年連続でM-1グランプリ決勝の舞台に立つ真空ジェシカ(右が川北さん、左がガクさん)。
2020年1月に上毛新聞の取材に応じた

 真空ジェシカは川北さんと、相方でツッコミのガクさん(33)のコンビ。川北さんの父親、川北茂樹さんは1978年の選抜高校野球大会(センバツ)で、エース松本稔さんを擁する前橋高野球部が甲子園史上初の完全試合を達成したときの主将だ。本人は長男で埼玉県出身。2002年3月に前橋高がセンバツに出場したとき、父と一緒に甲子園スタンドで応援し、当時の上毛新聞に写真付きで取り上げられた。

2002年のセンバツで、前橋高を応援する川北さん親子。当時の上毛新聞に取り上げられた

 中学時代から芸人を志し、慶応大在学中に「自分(当時55キロ)より痩せている奴と組みたかった」という理由で、青山学院大の学生だったガクさん(当時49キロ)=横浜市出身=とコンビを結成。12年から人力舎に所属する。

 上毛新聞は20年1月に2人を取材した。当時、「M-1決勝進出」を目標に掲げ、その先にM-1優勝、冠番組を持つと夢を描いていた。川北さんは「父が完全試合のメンバーなので、僕はM-1で完全優勝を達成したい」とし、「とにかく漫才で力を出し切りたい」と熱く語っていた。

 時は経ち、2人はすでにM-1決勝の常連だ。今年4月には念願の冠番組もスタート。朝の情報番組でも知名度を上げ、着実に売れっ子の道を歩む。