来年の干支(えと)「辰(たつ)」をモチーフとした創作こけしの制作が、群馬県榛東村長岡の創作こけし工房「卯三郎こけし」(岡本有司社長)で本格化している。職人たちが金運上昇の願いを込めて金色の絵の具で柄を付けている=写真

 こけしは県産ミズキ製。丸い目をした柔らかい表情で、かわいらしく仕上げた。岡本社長は「怖さを抑え、ユーモラスな顔にした。笑いながら来年を過ごしてほしい」と話した。