7日は二十四節気の一つ「大雪(たいせつ)」。寒さが厳しくなり、山々から雪の便りが届く季節となる。

 群馬県館林市と邑楽町にまたがる多々良沼では、冬場の空気が澄んだ早朝、浮島弁財天の南西に雪化粧した富士山が姿を見せ、散策する人たちは足を止め眺めていた=写真

 前橋地方気象台によると、同日の県内は移動性高気圧に覆われ最高気温は前橋で19度を予想。10月から11月並みの暖かさになるという。