手編みの帽子やポストカードなど群馬県太田市の作家2人が手がけた作品の合同展が6日、同市鳥山中町の「かぜくらギャラリー」で始まり、計120点を展示販売している=写真。14日まで。

 出品者は、猫と花をモチーフにしたイラストを10年ほど描いている、いまいゆうこさんと編み物作家のRissa(リッサ)さん。季節の花と猫を描いた一枚紙のカレンダーやベレー帽など、デザイン豊富な小物が並ぶ。

 訪れた権田千奈美さん(同市)は「懐かしさを感じるものばかりで、胸がときめく」と笑顔で話した。いまいさんは「見て、身に着けて“ぽかぽか”するものを集めた。気軽に遊びに来てほしい」と話している。

 午前11時~午後5時。編み物作品は10日まで。11、12日定休。問い合わせは同ギャラリー(0276-22-2680)へ。